FC2ブログ

2020年10月句会報

句会報告一部を紹介します。

兼題 : 天の川、秋澄む(水澄む)、衣被

光陰をほづえにわする渡り鳥
大森健司
きようだいや話しそびれし衣被
菅城昌三
秋澄むや名刺いちまい裏返る
西川輝美
空澄むや尼僧の箒長かりし
速水房男
山の湯や銀漢どうと流れ入り
上田苑江
天の川しばし居場所を見失ふ
武田誠
左手の指輪にふれず天の川
松浦美菜子
手土産に湖のかほりや秋の澄む
山本孝史
帰郷して父よそよそしきぬかつぎ
池上加奈子
客人の街に馴染めず衣被
白川智子
隣室に空き部屋増えて秋の澄む
前川千枝
手をはなれあとから見ゆる銀河かな
臼田はるか
天の川をとこの髪の無造作に
中谷かける
衣被頬すり寄せて母匂ふ
村田晃嗣
幽明に美酒汲み交はす良夜かな
三谷しのぶ
天高し歳(よはひ)かさねて空あそび
やまだふゆめ
真つ白の足袋を下ろして葉鶏頭
柴田春雷

空澄むや尼僧の箒長かりし
速水房男
「森」中央支部特選。
この作品は措辞である「尼僧の箒長かりし」が実に見事である。
俳句の三原則である、最も重要な「映像の復元」のイメージを誰もが共有しうるからである。
作者は毎日、建仁寺を散策している。
これは建仁寺であっても良いし、他の寺であっても良いが、毎日同じ風景を見ることによって生まれる着眼点は非常に鋭い。
季語の「空澄む」や、も句に空間としての縦横無尽の広がりを持たせる。
措辞を殺していない。
今月の「森俳句会」の中で一番私が感銘を受けた作品である。

山の湯や銀漢どうと流れ入り
「森」中央支部特選。
上田苑江
この句は「山の湯や」という切れ字「や」の使い方が絶妙である。
通常季語以外の言葉に「や」を使用すると主張が強すぎて駄句になる場合が多い。
しかしこの作品には平明さと安定感、つまり句としての重みが両立している。
「銀漢どうと流れ入り」という大胆ながら素朴な措辞も見事である。
句に古さがない。
簡潔に真の「写生」、つまり実相(じっそう)を捉えているからである。
以下の阿波野青畝の作品がある。
朝夕がどかとよろしき残暑かな
俳句には何も述べない良さが確かに存在するのである。

手をはなれあとから見ゆる銀河かな
「森」祇園支部秀逸。
臼田はるか
過ぎ去った青春性の垣間見える作品である。
また青春性をしっかりと昇華させている。
「銀河」は見上げないと見ることが出来ない。
思い出は美しい。
その時は何も感じないが、過ぎ去りしものは美しく残る。
作者の手からはなれたものが何かは分からないが、形はもう無い。
形のないものが一番心を大きく占めるのかもしれない。

衣被頬すり寄せて母匂ふ
村田晃嗣
「森」中央支部秀逸。
この作品は、一見温かみがあるようでいて、冬に近づく冷たい風が一瞬吹き抜けるような感がある。
それは、「すり寄せて」という措辞から、思い出にふけるような、生易しい感で無いことが分かるからである。
作者の母はもうこの世にいない。
季語「衣被」は、水気の無い皮で覆われており、手でいくつも握れるほどの大きさであるのが、今はもう小さな骨になった作者の御母様の姿に重なる。
その小ささが秋という季節に悲しい。
一方で、「衣被」は剥くと真っ白ではなく、青磁のように青みを帯びており、きめ細かな質感が柔らかい女性の肌を思い起こさせる。
もう作者を包んでくれぬ母の在りし日の温もりが作者の鼻先を時折かすめるようである。

幽明に美酒汲み交はす良夜かな
三谷しのぶ
「森」中央支部特選。
「幽明」とは死後の世界と現実の世界、または冥土と現世を指す。
作者は古くから付き合いのある隣人を亡くされた。
死に顔は実に美しかったそうである。
まるで今にも起き上がりそうだと作者が感じるのは単なる願望ではない。「幽明」の世界でなら、再び酒を汲み交わすことも可能だと信じさせるエネルギーがこの作品には確実に存在する。
人には天命がある。
亡くなった後、残された人間は、もっとこうしていればなどと後悔するものであろう。
「美酒」という措辞には作者の、死者を送り出す勇気と鎮魂が込められており、生き抜く力を詠み手に与えている。
季語の「良夜かな」もまるで笑って美酒を酌み交わしているようで、作者の澄みきったこころに光りが照らしているようである。

天高し歳(よはひ)かさねて空あそび
「森」鴨川支部特選。
やまだふゆめ
作者と句座を囲むと毎度驚かされるのは、自然への感動と情熱が尽きないことである。
まるで少女のように目を見開き、いきいきとした口調で見た景色を語りだすのである。
作者は「遊ぶ」ことに貪欲なのであろう。
それは俳句の原点である、「遊びの文芸」に通じる。
措辞である「歳かさねて空あそび」も作者が何も持たず、裸の状態で遊べることの現れである。
空想で遊べる人は遊びの域が遥かに高い。
季語の「天高し」はまだまだ無限に遊んでいくであろう、限界を感じさせないバイタリティーを思わせる。
個人的に大変高く評価している作品である。

真つ白の足袋を下ろして葉鶏頭
「森」祇園支部特選。
柴田春雷
女性が足袋を下ろすというのは、人をもてなすという行為が前提にある。
男性が新しいシャツやネクタイを下ろす場合の勝負の意とは異なる。
その行為は非日常的でもある。
足にぴたりとキュッとしまった白い足袋は異性から見ても実に美しい。
女性の着物のくびれを必要としない着付けの中で唯一無理をして締まった足袋にはエロスが存在する。
そして季語に「葉鶏頭」。
雁が飛来するころに葉が色づくので「雁来紅」(別名 かまつか)とも呼ばれるが、「葉鶏頭」も同じ意であり、秋に茎の上部の葉が紅く染まる。
決して弱々しい植物ではない。
また時間も昼過ぎから夕刻辺りと見たい。
こういった足袋や着物を目をする機会が多いのも京都の地独特であろうか。
私大森健司の句集『あるべきものが…』の中で以下の作品がある。
葉鶏頭窓一枚に昼があり
共に鑑賞していただきたい。

十七文字に詰め込みすぎると焦点がぼやけてくる。
それを如何に客観視して相手に知らせるか、否か。
詠み手に如何に想像させるか、写生をすることで気持ちを昇華させるのである

「森」俳句会は近日、会員数も増え、さらに充実した句会となっている。

来年「森」東京支部を開設する予定である。

俳句は言葉足らずでも、饒舌すぎてもいけない。
これは各企業のセミナーでも話していることであるが、相手の心に突き刺さる言葉がひとつあればいいのである。
それは決して多く饒舌ではいけない。
あとはそのひとつの言葉を引き立てるある意味、陰や褻(ケ)の言葉で良いのである。
それは詩歌のすべて。
又、俳句の世界でも同じである。

追記
現在は企業のセミナーやコンサルティングもいくつか行なっております。
言葉の力というものは不可欠であり、非常に重要です。
いかにして短い言葉でインパクトを残すことが出来るか、ということです。尚、川柳や短歌にはない「季語」を勉強することによって言葉の
引出しは確実に堅実に増えます。感受性も高めます。
また「森」句会とともに進めてまいります

詳しくはまたホームページをご覧のうえ、お問い合わせください。
「森俳句会」ホームページ
http://morihaikunokai.jp
尚、ご質問につきましては、
「森俳句会」
morihaikunokai@gmail.com
までお気軽にご連絡ください。
大森健司
スポンサーサイト



京都国際文化協会第5回俳句講義

本日、京都国際文化協会、本年最後の講義が終わりました。
「俳句の魅力ー作句、添削、そして鑑賞ー」と題しまして、俳句の作り方の基本から、俳句の基礎知識、そして名句鑑賞、最後に皆様の作られた作品を私大森健司が添削、総評させていただきました。
海外からの留学生の方々の熱心さには驚きました。
俳句の核のひとつでもある「諸法実相」、つまり
concept that all things reflect the truth.
への理解がより深まりました。
一年を締めくくる講義がこうして大盛況に終わり、万感の思いです。

今年は、心豊かに暮らすことが困難な中、皆様の強固な結束とお力添えにより、前だけを見て突き進むことの出来た一年でした。
皆様に心より感謝申し上げます。
2020年師走吉日にて
大森健司
kyoto.kica.2020dec

2020年9月/10月大森健司俳句作品群

また水の景色に坐る天の川
光陰をほづえにわする渡り鳥
初嵐すこし触れてはことばなし
夕映えや昏るるに間なき衣被
花芙蓉をんなは幾度生まるるや
終の地の月かがやけり秋燕
秋澄むや終(つひ)には祈るしかあらず
遊女きてあきかぜはやし嵐山
鬼の子や遥かに山河平らなり
銀漢の底におこぼの響きけり
母盗られさうな花野のゆふひかな

大森健司
kyoto.haiku.kyotouv
森俳句会 9月/10月大森健司作品

2020年9月句会報

句会報告一部を紹介します。

兼題 : 初嵐、稲妻(稲光)、芙蓉

角帯の着崩るるままにすいふよう
大森健司
とろろ飯片手に足りる友のかず
菅城昌三
はつあらし明朝体の揺れにけり
西川輝美
死に急ぐ我は追はぬや秋夕焼
速水房男
稲妻や近江平野を肥らしむ
上田苑江
秋風の耳から耳へ抜けてゆく
武田誠
白芙蓉他所行きの服買ひにけり
松浦美菜子
坂道や夕日ころがる白芙蓉
山本孝史
クロワッサン少しちぎりて鰯雲
池上加奈子
葡萄酒の沁みひろがりて酔芙蓉
白川智子
ワンピースに似合わなくなり花芙蓉
前川千枝
少女といふ刻短くて初嵐
臼田はるか
初嵐心は此処にないと知る
中谷かける
百日紅格子窓越し手招きす
村田晃嗣
十五夜や化石の男抱きにける
三谷しのぶ
いなびかり子が子を胎むつぎつぎと
やまだふゆめ
帯揚げに胸ふくらみて月あかり
柴田春雷

とろろ飯片手に足りる友のかず
「森」中央支部秀逸。
菅城昌三
二句一章作品としての見事な成功例。
この作品は「片手で足りる友のかず」に対して、「とろろ飯」で一旦切れが入っている。
とろろ飯とは、古来より滋養強壮に良いとされ、非常に粘り気のあるとろろをご飯にかけて食べる。
措辞である「片手に足りる友のかず」を陰だとすると、この「とろろ飯」の季語は陽であり、対比が絶妙となる。
男は友人の数は少なく深い方が良いと言うが、作者をよく知っている私からするとそうでも無さそうである。
本来の作者なら「秋風や片手に足りる友のかず」「星飛ぶや片手に足りる友のかず」と創りがちだが、そうしてしまうと駄句となる。
いずれにせよ、「とろろ飯」の季語の転換、付け方は非常に鋭利であり、句に格調と重みを膨らませている。

死に急ぐ我は追はぬや秋夕焼
速水房男
「森」中央支部秀逸。
作者は近年大切な友人を何人も亡くされている。
皆先立つには早すぎる歳である。
健康面への不安や焦燥感を跳ね除けるかのように、作者のライフスタイルは実にアクティブで、好奇心に満ち溢れており、それが句に良く表れている。
夏のまだ熱を帯びた夕焼けとは違い、「秋夕焼」は陽も薄く、どこか寂しげなものである。
うっかりすると引きずり込まれそうな闇に飲まれまいと、作者は振り切っている。
中七の「我は追はぬや」が、俳句は言い切りの文芸と言わしめる措辞であり、季語「秋夕焼」との陰陽のバランスも絶妙。
少しのノスタルジーと、後ろを振り返らない男の決意とが絶妙に溶け込んだ作品である。

稲妻や近江平野を肥らしむ
「森」中央支部特選。
上田苑江
季語「稲妻」は稲の夫(つま)の意。
稲の結実の時期に多いところから、これによって稲が実るとされた。
水源豊かな近江の国は、実は奈良時代日本一の石高を誇る米どころであり、戦国時代、日本最大の領地を抱えていた織田信長はこの地に安土城を構えていた。
近年滋賀県は米、そして日本酒の産地として輝きを取り戻しつつあり、琵琶湖支流に広がる稲田の美しさは見事である。
また措辞の「平野を肥らしむ」がどっしりと作品に重みをもたらせていて、句に風格がある。
いつもながら平明な言葉だけで、ある種達観した観察眼は見事である。

少女といふ刻短くて初嵐
「森」祇園支部特選。
臼田はるか
夏に少女は大人になるという。
少年少女期、男子に比べると女子は少しませているもので、夏休みを終えると雰囲気が大人びた女子を見てドキッとした覚えがある。
しかし作者は、大人の女性になることへの喪失感のような、寂しさを感じたのだろう。
季語の「初嵐」とは、立秋後、最初に吹くかなり強い風のことをいう。この風が吹くと、急に秋らしくなる。
はしゃぐことに恥ずかしさを感じ、急に無口になったり、すました感じである少女特有のおしとやかさの刻(時)は確かに短い。
そして、季語の「初嵐」が効いている。

十五夜や化石の男抱きにける
「森」中央支部特選。
三谷しのぶ
戯曲『サロメ』を描いたピアズリーの絵画を彷彿させる作品。
愛しい男の、切り落とされた首を掴んで掲げるシーンであるが、描かれる狂気の愛の世界にどこか通じるものがある。
秋の捉え方は人様々であり、作者にとっては艶めく秋なのであろう。
男が弱気になり枯れてゆく秋に対して、円熟味を増す女性の有り余るエネルギーが、句にパワーをもたらせている。
「化石の男抱きにける」という措辞のエロスが実に作者らしい。
原句から季語を「十五夜や」に添削したのだが、この作品には冷えた空で強烈に光りを放つ「十五夜」が相応しいだろう。

いなびかり子が子を胎むつぎつぎと
「森」鴨川支部特選。
やまだふゆめ
作者は、兼題である季語「いなびかり」の持つ意味や特性を瞬時に捉えている。
スピード感のある作品でもある。
稲光(いなびかり)が雲から空気を伝って目に届く速度は0.1秒と言われている。
一方、世界中で1秒間に子供が生まれる人数はおよそ2.4人であるらしい。
稲光を目にする時には既にまた次の稲光が発生し、その間誰かの子供だった親がまた子を産む。
そのどちらもが音を立てずに繰り返される。
見えているものは一部分に過ぎなく、見えない世界で起こる様々な現象に宇宙の神秘を感じさせる。
作者の持つ大きな宇宙観、世界観の作品に仕上がっている。見事である。

帯揚げに胸ふくらみて月あかり
「森」祇園支部秀逸。
柴田春雷
「帯揚げ」とは、着物の上に帯を締める際、紐を隠す為の長方形の布である。
帯の脇から前姿を飾り、着物と帯との色の調和を図るポイントと言える。
本来着物の着付けは、凹凸がなく真っ直ぐに着るのが美しいとされているようだが、補正してもふくよかな胸が目を引く光景は貫禄があり、これはこれでまた美しい。
「月あかり」がそのフォルム、内面の人間像をくっきりと照らすことによって、女性の逞しさ、エネルギー、生命力溢れる作品に仕上がっている。
縁の下の女の力で京都の町衆文化は支えられている。

十七文字に詰め込みすぎると焦点がぼやけてくる。
それを如何に客観視して相手に知らせるか、否か。
詠み手に如何に想像させるか、写生をすることで気持ちを昇華させるのである。

「森」俳句会は近日、会員数も増え、さらに充実した句会となっている。

来年「森」東京支部を開設する予定である。

俳句は言葉足らずでも、饒舌すぎてもいけない。
これは各企業のセミナーでも話していることであるが、相手の心に突き刺さる言葉がひとつあればいいのである。
それは決して多く饒舌ではいけない。
あとはそのひとつの言葉を引き立てるある意味、陰や褻(ケ)の言葉で良いのである。
それは詩歌のすべて。
又、俳句の世界でも同じである。

追記
現在は企業のセミナーやコンサルティングもいくつか行なっております。
言葉の力というものは不可欠であり、非常に重要です。
いかにして短い言葉でインパクトを残すことが出来るか、ということです。尚、川柳や短歌にはない「季語」を勉強することによって言葉の
引出しは確実に堅実に増えます。感受性も高めます。
また「森」句会とともに進めてまいります。

詳しくはまたホームページをご覧のうえ、お問い合わせください。
「森俳句会」ホームページ
http://morihaikunokai.jp
尚、ご質問につきましては、
「森俳句会」
morihaikunokai@gmail.com
までお気軽にご連絡ください。
大森健司

続きを読む

金城学院大学文学部講演会報

京都料亭、菊乃井にて行なわせていただいた「金城学院大学文学部国文・日文」の講演の会報誌が出来上がったので頂きました。

名古屋から本当に多くの方が京都にお越しくださり、二面いっぱいに掲載された会報からは、臨場感溢れる皆様からの想いが伝わってきました。
中でも、大いに盛り上がった句会ライブの添削例をご覧になられた金城学院大学卒業生の方々から、励みになるお言葉を沢山頂戴し、俳人として万感の思いです。
京都に今も脈打つ歴史や文化への並々ならぬ関心を、素晴らしいロケーションの下、皆様と体感出来ましたこと、今でもまるで夢のようです。
また再び集えることを夢見て精進してゆく所存です。

このようなすばらしい機会をつくってくださり、会の進行を支えてくださった皆様に心より御礼申し上げます。
大森健司
kinjyo.kaihou2020
プロフィール

kenjiomori

Author:kenjiomori
俳句結社「森」主宰、大森健司のブログ★受賞多数。
お気軽に覗いて下さい。
お問い合わせは「森」ホームページ にて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR