スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとしたアニメのはなし

今、TSUTAYAレンタルで宮崎駿作品を借りようとすると、、、
ない?!!
と思ったらジブリ総選挙なるものをしている模様。
1位は「千と千尋の神隠し」であるようだ。
異論はないが、個人的には「耳をすませば」「ハウルの動く城」「風立ちぬ」の方が好きである。「千と千尋の神隠し」はキャラクターにそれぞれメタファーがあって、現代社会を上手く反映させている。つまりそこに意図が見えてしまうつまらなさがある。
ポスト宮崎駿と言われる新海誠。
なんでもポスト何々と付けてしまうのは日本人とメディアの悪い癖。宮崎駿氏にも新海誠氏にも失礼にあたる。
10年程前、東京在住時に「秒速5センチメートル」を教えてもらい感銘した。どうも新海誠は文学部卒業で和歌や俳句に関心があるらしく、万葉集や新古今和歌集等に造詣が深いようである。タイトルや台詞、世界観にもそれは顕著に表れている。以降「言の葉の庭」、そして今回の大ヒット作品となった「君の名は。」に至る。どれも素晴らしいの一言につきる。
日本のアニメーションは世界に誇れるものである。
これをまた何でも実写化するのは本当に幻滅するのでやめて頂きたい。
漫画やアニメーションは虚構と現実を彷徨うという良さがあって、生身の人間が演技しようと、それは不可能に近い。また素晴らしい作品を描く人の背景には莫大な読書量や知識、抽斗があり、それを何も知らない俳優や監督、プロデューサーが同じ様に振る舞おうとする行為は烏滸がましく冒涜である。「四月は君の嘘」、そしてこれから上映される「ジョジョの奇妙な冒険ーダイヤモンドは砕けない」。本当に実写化は観る気がしない。
アニメーションには実写以上に美しい世界観と宇宙観が存在する。
漫画とアニメーションを愛する者のひとりとして、本当に実写化は幻滅する。ドラマで近年の中で面白かったのは坂元裕二脚本「最高の離婚」。面白く、切なく、深い。ドラマはオリジナルの脚本が断然に良い。DVDを友人に貸したが、まだ返ってこない、笑。

スポンサーサイト

本来の初心

初心忘るべからず、
これは誰もが聞いたことのある言葉。
しかしその解釈は、「はじめて物事をはじめたときの感動や気持ちを忘れないこと」とされがちである。
これにはもっと深い意味がある。
まず初心には三つの初心がある。第一の初心第二の初心第三の初心、である。

第一の初心は、
ぜひ初心忘るべからず

これは世阿弥が能として天才であり、世間一般でライバルなしと騒がれた時に冷静に、
生涯初心を忘れてはいけないと言ったものだ。

第二の初心は、
時々の初心忘るべからず

天才と言われた世阿弥は更に中国から日本に新しい文化を能に取り入れ、ますます大衆を魅力した。
まさに世阿弥絶世の時代の言葉である。

第三の初心は、
老後の初心忘るべからず

これは全ての能の世界を極めた世阿弥が年齢を重ねることによって手足が思うように動かなかくなった時。
いかにして老体でそれを表現するか、試行錯誤した時のものである。

初心を忘れたら初心に戻る。
初心とは立派なものではないのである。
本来の初心忘るべからず、は非常に深い。
世阿弥の「風姿花伝」には美しい日本人の思想が詰まっている。
機会あれば是非、読んで頂きたい。

大森健司


息が足りない

歌人、河野裕子氏が2010年8月12日に亡くなられた。
永田和宏氏と河野裕子氏の長女である永田紅は偶然、同志社中学校からの同級生であったが、社会人になるまで互いに俳句、短歌をしていたことは知らなかった。
しばらくして永田紅から歌集『日輪』が贈られてきた。
何度も何度も読んだ。同級生にこのような存在がいることは非常に嬉しかった。


20130209_01


僕が俳句現代賞を受賞した際には心から喜んでくださり、この句はいい、この句はダメね、と仰ってくださった。
「京都に帰った際には必ず遊びに来てね、健ちゃん。」
それが裕子さんと最後に交わした会話であった。そのとき僕はまだ東京にいた。

たとへば君 ガサッと落葉すくふやうに私をさらつては行つてはくれぬか 河野裕子

たつぷりと真水を抱きてしづもらる昏き器を近江と言へり

また次の一首は、裕子氏が京大研究所にて診察を終えて、迎えにきた永田和宏氏と直面した際の歌である。このとき既に裕子氏が末期の乳がんであることは、ふたりとも知る逃れようのない事実であった。裕子氏はそんな和宏氏にこう詠っている。

何といふ顔をしてわれを見るものか私はここよ吊り橋ぢやない

そして、辞世の一首。

手をのべてあなたとあなたに触れたきに息が足りないこの世の息が

読んだ瞬間に胸があつくなる一首である。言葉にできない。
作品のすべてに言えることは独特の言語感覚の鋭さ、そして歌の大らかさ、のびやかさ、品位の高さである。
感銘するばかりである。
残念ながら俳壇には河野裕子氏に匹敵する女流俳人は今いないであろう。


20130209_02_大森健司


大森健司



平和に死す

快楽は欲望の解放だが、
享楽は緊張感の中から引き起こされるものである。
自分は享楽の方が快楽より数倍も上回ると身体で感じている。

ときどき、夜中にこの静かさが私にのしかかってくる。
平和ってなんて恐ろしいんだろう。


フェデリコ・フェリーニの『甘い生活』の中のスタイナーは幸福なパパであり、
いつもサロンに友人を集めて雑談している。

だが、スタイナーはピストル二発で子供を殺し、その後自殺する。
その理由はだれにもわからないというが、その理由が「平和」であることは明らかなのである。

大森健司


闇の奥

芥川賞、田中慎弥著「共喰い」。読んでからしばらく読書してなかったんですが、
ジョゼフコンラッドの「闇の奥」黒原敏行訳を読み終えた処です。
これは余りにも有名な話ですが、本題は映画「地獄の黙示録」の原題となったものです。
村上春樹の1Q84にも影響を及ぼしている一場面があります。
この作品は生々しいくらいの生があり、人間の闇があり、狂気があります。闇の奥から発する欺瞞の流れ。圧倒的な原始の力。大いなる矛盾が共存する二重性。
ヒューマニズムとは何なのか、考えさせられます。
他者を自分のヒエラルキーに隷属させる帝国主義の枠組み、これは一個人に潜む帝国主義でもあります。
すべてを娯楽にして楽しむ人間の業を根底から罪に問うています。「闇の奥」はただの植民地支配での物語ではないと思っています。
集英社の高木も褒めていましたが夕陽に照らされたアフリカの美女のシーンは印象に残ります。
またコンラッドの持つ作家特有の文学の厭味のないところもいいと思います。
一世紀以上経った今でも政治性、倫理性、芸術性において評価が両極端に分かれる一冊です。
善くも悪くも残る一冊です。

大森健司


プロフィール

kenjiomori

Author:kenjiomori
俳句結社「森」主宰、大森健司のブログ★受賞多数。
お気軽に覗いて下さい。
お問い合わせは「森」ホームページ にて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。