スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まっすぐに生きる

脚本家の鎌田敏夫先生と母と日本海旅行に行ってきました。
鎌田先生はドラマ界では神様的な存在です。
太陽に吠えろ、金曜日の妻たちへ、俺たちの旅、そして29歳のクリスマスではマライアキャリーの「恋人たちのクリスマス」、ニューヨーク恋物語では井上陽水の「リバーサイドホテル」を作らせたのも明石家さんまと大竹しのぶをドラマに出演させたのも鎌田先生です。
数限りない名作を世に出し、日本の流行を創り出された方です。
僕の少年時代は角川春樹映画、鎌田敏夫ドラマで育ったようなものです。
映画「天と地と」は現在でも東映日本興行成績第1位の95億円を記録しています。
共同テレビ中山和記プロデューサーとよくお見えになります。
今回は綺麗な海、アワビや岩牡蠣、そして鎌田先生直伝の気功を青空の下堪能してきました。
楽しかったし本当に心地良い旅となりました。
本当に感謝です!!!
鎌田先生から教わったこと。
楽しくまっすぐに生きること!!!

大森健司


スポンサーサイト

秘色

日本の色は多種多様なんです。
本来べったりした色はないんです。
昔からある青磁色、群青色、鶸色、古代紫、それらは微妙な色の組み合わせです。辺見じゅん氏第5歌集題名である「秘色」も唐・五代に生れた青磁の謂です。
ところが明治から昭和初期までのぼかしというものが現代にはなくなってしまった。だから夢やロマン、あやかし、臈長けたというところがなくなってしまうんです。
人間関係も同じです。
ぼかしがあるから面白い。
辺見じゅん氏一周忌。
心から家族であった辺見じゅん氏を悼む。


大森健司


2012年8月句会報

月 あ か り 毛 皮 の マ リ ー 開 演 す  大森健司

パ ン ト マ イ ム 色 な き 風 の 収 容 所  梶田紘子

少 年 の 泳 ぎ た り な い ベ ニ ス か な  青山華絵

ゆ く 夏 の こ と ば が 海 に 沈 み ゆ く  菅城昌三

は つ 秋 や 愛 の 渇 き し マ グ カ ッ プ  西川輝美

地 獄 絵 の 赤 々 燃 ゆ る 迎 鐘  速水房男

手 花 火 や 女 は 次 の 火 を 灯 す  伊東君枝

朝 蝉 や こ こ は ど こ か と 問 ふ 女  西尾ゆう子

紫 陽 花 の 花 弁 百 ま で 数 え け り  野村幸男

水 打 ち や 流 れ る 香 り 奥 座 敷  前田壽登

我 れ に 云 う 打 て ば 響 け と 鉦 叩  森千花

盆 棚 に 水 た つ ぷ り と 許 す こ と  秋山しづ子

冷 奴 あ し た も よ ろ し ひ と 日 か な  小西弘

木 曜 日 晩 夏 の 水 の 光 り け り  高木憂

晩 鐘 や 時 を こ ぼ し て 鳥 渡 る  中原メグ


今月は季節の変わり目もあってか、季語の使いにくさもあってか心を撃たれる句が少なかった様に思われます。
中でも「パントマイム色なき風の収容所」「晩鐘や時をこぼして鳥渡る」は良い。
次回はもう秋最中です。
期待しています。

大森健司


プロフィール

kenjiomori

Author:kenjiomori
俳句結社「森」主宰、大森健司のブログ★受賞多数。
お気軽に覗いて下さい。
お問い合わせは「森」ホームページ にて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。