2014年3月句会報

句会報の一部を紹介します。

春宵やいまソリストの椅子に座す
大森健司
花冷えや沖に母性を放ちをり
夏目華絵子
春疾風屋根を駆け抜く龍馬かな
渡辺新次郎
落椿昨日の雨をはき出すや
前田壽登
午後四時のメロスが風となる遅日
西川輝美
おぼろなるところに父と母がゐる
菅城昌三
こわれても失くしてもなほ春光る
西尾ゆう子
春昼の世にはみ出せる煙草かな
梶田紘子
夢醒めて春野にひとり佇めり
速水房男
遠き風運びて桜咲きにけり
森千花
花冷えや数字ばかりに動かされ
古田左千夫
恋の疵かくす時計も遅日かな
高木憂
月明り数ふる春の石畳
野村幸男
梅林に春を見つけし午後の二時
野村美穂子
春雷で出でしは虫か我が熱か
余力珠美
陽炎や小さき手をひく母がゆく
中原恵美
イースター無賃切符で乗車する
米田美佐
あら不思議南の海に姿消え
荒木克彦

まず、渡辺新次郎の
春疾風屋根を駆け抜く龍馬かな
前書きに寺田屋にて、とある。
この一句を見た時に、次の代表作を思い出した。
もののふや鍵屋の辻の初しぐれ  新次郎
作者は吟行句が非常に巧みである。また、藤沢周平のような世界観をもっている。
「春疾風」の季語が見事に躍動感を表しているではないか。
春疾風の例句としては、
人に消えわが辺に起る春疾風
富安風生
春疾風子の手掴みてわが堪ふる
福永耕ニ
春嵐屍(かばね)は敢て出でゆくも
石田波郷
春疾風と春嵐はほぼ同義語である。春に吹く強風を意味する。
石田波郷の句は別格としても、例句と比べるても遜色がない。
素晴らしい一句。

落椿昨日の雨をはき出すや
前田壽登
この句もはっきりとした情景であり、句意は説明するまでもない。
この落椿は赤であろう、と思われる。雨をはき出すという非凡な着眼が、この句の生命となっている。
単純な情景を技巧をこらすこともなく、素直に詠みあげた一句。

また20~30代の若手俳句として、
午後四時のメロスが風となる遅日
西川輝美
こわれても失くしてもなほ風光る
西尾ゆう子
春雷に出でしは虫か我が熱か
余力珠美
これらも軽やかで、快的で素直で良い。

最後に最近、読書で興味深かったエーリッヒフロムの『愛するということ』の一文を紹介したい。

二人の人間が自分たちの存在の中心と中心で意志を通じあうとき、すなわちそれぞれが自分の存在において自分自身を経験するとき、はじめて愛が生まれる。この「中心的における経験」のなかにしか、人間の現実はない。
人間の生はそこにしかなく、したがって愛の基盤もそこにしかない。そうした経験にもとづく愛は、たえまない挑戦である。それは安らぎの場ではなく、活動であり、成長であり、共同作業である。調和があるのか対立があるのか、喜びがあるのか悲しみがあるのかなどといったことは、根本的な事実に比べたら取るに足らない問題だ。根本的な事実とはすなわち、二人の人間がそれぞれの存在の本質において自分自身を経験し、自分自身から逃避するのではなく、自分自身と一体化することによって、相手と一体化するというのである。
愛があることを証明するものはただ一つ、すなわち二人の結びつきの深さ、それぞれの生命力と強さである。これが実ったところにのみ、愛が認められる。


大森健司
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

kenjiomori

Author:kenjiomori
俳句結社「森」主宰、大森健司のブログ★受賞多数。
お気軽に覗いて下さい。
お問い合わせは「森」ホームページ にて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR