2015年9月句会報

句会報の一部を紹介します。

ねむり得ず桃の白さを見てゐたり
大森健司

秋簾おまへも疲れゐたるかな
梶田紘子

血の匂ひ秋の時雨に鎮めけり
菅城昌三

少年に明日が遠し色鳥来
西川輝美

秋色を追ひかけてゐる湖西線
速水房男

秋高し白蛇のごとし日本刀
渡部新次郎

月明り街をベールで鎮めけり
森千花

秋の風鼻の低きを過ぎにけり
篠田和

蓮の実水に遊ばれ暮れにけり
高木憂

爽やかに転校生の机かな
中原恵美

夕空にピンクの鰯群れをなす
井納佳子

三日月や砂塵に舞ひし地平線
松浦美菜子

明月や見失しのふては立ち止まる
小西万美

藪からに孫にさそわれ月見かな
上山由布子

欄干にかけた手白き良夜かな
柴田春雷


秋簾おまへも疲れゐたるかな
梶田紘子

梶田紘子にしては珍しい作風。

まるで語りかけるかのような一句。

しかし、その背景には病の再発や身体の不安

が隠されている。

秋簾の夏を過ぎて粗く錆びた感が、ぴたりと嵌っている。

季語が絶妙である。また秋の少し弱った陽射しも映像イメージを復元させる。

自己投影もしっかりとされている一句に仕上がっている。


少年に明日が遠し色鳥来
西川輝美

少年に明日が遠しという「線」の措辞に対しての、「点」の色鳥が来るという季語が非常に良い。

切れ字は使っていないが、句に切れがある。

また色鳥という様々な色をイメージさせる季語をもってきたことによって句に膨らみが出来ている。優れた作品。


秋高し白蛇のごとき日本刀
渡部新次郎

この句の成功は最後の下五の日本刀、と言い切ったことにある。

よくある俳句的な形式に有りがちな、刃かな、では句の良さは全くなくなってしまうのである。

秋高し、とは秋の澄み切った空の高さを言う。

この季語と、白蛇のごとき日本刀のコントラストが非常に清々しい。

気持ちの良い一句とはこういう句を言うのであろう。


炎天やあるべきものがそこにある 健司


今月は中秋の名月に月見句会なるものを行なった。

皆俳句は、全くはじめてであったが優れた作品に感銘を受けた。

個性もそれぞれ豊かであり、楽しい句会となった。メンバーは、松浦美菜子。小西万美。上山由布子。柴田春雷。

そのとき、そのときの感動を素直に句にとめて、俳句の奥深さ、面白さを実感していただきたい。

技巧や技術は後からついてくる。

京都から見た名月は薄い雲に遊ばれてときどき、顔を出した。又、祇園鴨川から見る名月は絶景であった。

次回は神社、仏閣で紅葉吟行句会を催す予定である。

若い世代が日本文化に触れてくれることは非常に嬉しくやはり刺激になる。

京都発信で広く心に残るものを大切にしてゆきたい所存である。

大森健司
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

kenjiomori

Author:kenjiomori
俳句結社「森」主宰、大森健司のブログ★受賞多数。
お気軽に覗いて下さい。
お問い合わせは「森」ホームページ にて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR