2016年11月句会報

句会報の一部を紹介します。

席題(ゆく秋、銀河、柚子)

ゆく秋の脱皮骨から始まりぬ
大森健司
空港や銀河ゆく人混ざりたる
菅城昌三
秋惜しむマトリョーシカのがらんどう
西川輝美
コスモスやふらふら君に会いにゆく
速水房男
柚子転ぶ日影の先のひかりかな
森千花
行秋や肺は呼吸を拒みたり
河本かおり
銀杏散る日々に踵(きびす)を返すごと
井納佳子
銀河の下豆腐一丁買ひに出る
武田誠
星河にて我ら見守る先祖かな
松浦美菜子
柚子ひとつ結婚記念日過ぎにしも
山本孝史
青柚子よ眩しき朝に目が覚めて
池上加奈子
山茶花や小さき爪に灯がともる
白川智子
庭先の命はかなき柚子を見し
前川千枝
アグネスの煌めきとどけ銀河まで
臼田はるか
彼方より途切れてもなほ銀河かな
柴田春雷

空港や銀河ゆく人混ざりたる菅城昌三
この昌三の作品は以前にあった単なるサラリーマン的な俳句のペーソスとはまるで異なる。
空港は様々な人々、文化が交差する場所である。
そこに「銀河ゆく人」が混ざるというフィクションが非常に面白い。
またこの作品の中には言葉もすべて平明に使用している為、メディアによく見られる駄作の「作った感」、つまり作為も感じられない。
昌三の中では、特別優れた作品ではないが、微笑ましくもあり、昌三の崇拝する俳人・森澄雄氏のこころ説にも通じる作者の俳句に対しての重い対峙も同時に感じられる。
俳句には、従来より物に託する「もの説」。
事柄に託す「こと説」が存在する。それに対して森澄雄氏は心を詠む、「こころ説」に重きを置いた。
私、大森健司の原点もここにある。
脱皮は本来皮から始まるもので、骨から始まることは常識ではあり得ない。
あり得ないからこそ、そこに作品の存在の意味がある。
ゆく秋の脱皮骨から始まりぬ 大森健司

秋惜しむマトリョーシカのがらんどう
西川輝美
この一句だけでも、作者西川輝美の歩んできた人生の濃淡の深さ、重みを感じさせる作品となっている。
2008年、西川輝美出版句集『それでも夏が大好きで』の中では、
冷奴寄り寄り添ふことを怖れつつ
はまぐりや誰かを想ひ焼く夕べ
柿若葉午後のカフェーで書く手紙
夜濯ぎやそれでも夏が大好きで

とまだ初々しさとともに作品の甘さがそこにあり、それが輝美の当時の良さでもあったが、まだ俳諧から俳句としての昇華までには至っていない。
ここ数年、私が指導して以来、輝美の作品は俳句として深く成長を遂げている。
これが席題の「ゆく秋」ならば、特選では採っていない。席題の「ゆく秋」から更に推敲して、「秋惜しむ」にしたことに成功の鍵がある。
虚無感、寂寥感がさりげなく淡々と詠われている。淡々と詠われている良さが素晴らしい。この句はゆっくりと噛み締めて頂きたい。
他に、
声たてて自販機秋の夜を吐けり 輝美

コスモスやふらふら君に会いにゆく
速水房男
これも実に作者、速水房男らしい作品。
ふらふらとした作者の行為と季語の「コスモス」の取り合わせが絶妙。
前回の代表作ともいえる、
水澄んで呼ばれるままに行きにけり
には及ばないが、非常に微笑ましく好感の持てる作品である。

行秋や肺は呼吸を拒みたり
河本かおり
「森」中央支部での秀逸。
河本かおりの良さは「安全装置を外した俳句」というようなものであろうか。
どこか常に危うさを秘めている。
河本かおりは、これまで大病や病気を繰り返して力強く生きてきた。
その人生観は当然作品にも露呈される。
呼吸を拒むのは、「自然な肺の現象なのか」、「作者の意図として呼吸を拒んでいるのか」。これは読者の想像に任せる。どちらでも差し障りがない。
この作品を出したという事実だけが真実である。
席題のゆく秋(行秋)も非常に作品を際立たせている。

銀杏散る日々に踵(きびす)を返すごと
井納佳子
「森」中央支部での特選。
これは圧倒的に井納佳子の作品のレヴェルが上がったことを証明する作品。
季語の「銀杏散る」が素晴らしく良い。
これが「紅葉散る」では駄作となる。
銀杏の黄の世界が目の前に広がる。まだ樹々にふさふさとある銀杏。そして、道いっぱいに散った黄金の銀杏。
ここで、「踵を返す」という瞬間的な動の行為が入ることによって、この作品には伸びやかさ、素直さと共に意志の強さを感じさせる。
俳句の原点である、
①映像の復元
②リズムの良さ
③自己の投影
これれらがすべて揃った作品と言える。

銀河の下豆腐一丁買ひに出る
武田誠
新しく今月より開設された「森」祇園支部での特選。
俗である日常的な行為の「豆腐を買いに出る」というものと、聖なる「銀河」のコントラストが絶妙。
また映像も復元できる。
銀河の下は字余りであったが、そのままにした。少しばかり雄々しさのある、なんとも味のある作品となった。
今後、期待したい新人である。

アグネスの煌めきとどけ銀河まで
臼田はるか
「森」祇園支部に来てくれた新人女性。勿論、俳句は初めてとのこと。その場で席題の銀河の作品を創作したものである。
京都では冬の風物詩として、平安女学院のアグネス教会のイルミネーションがある。
放課後遅くまで残って飾り付けをする女学生達の姿が目に浮かんでくる。
少女の気持ちを忘れずにいたいのか、それとも懐かしんでいるのか、それは作者の心中だけで良い。
微笑ましく初々しいデビューとなった。

彼方より途切れてもなほ銀河かな
柴田春雷
確実に力をつけているひとり。
途切れたのは、思いなのか、人間(じんかん)なのか、銀河なのか。
そこは明確でなくとも良い。
が、しかしそこは思いである方が、季語の「銀河」の本質を捉え恩寵があり、良い。
陰と陽のバランスが良いのである。
切ない作者の刹那な思いを銀河が包む。
しかしながら、銀河も永遠ではない。
そこにまた新たな刹那が存在する。

俳句はたった17文字しかない最短詩である。
そこには作者の人生の瞬間を切り取りする行為によって、各々の人間の小宇宙世界がそこに存在する。
今、私は肉体、精神ともに非常に充実している。右脳と左脳とのバランスも人間は大切である。「晴耕雨読」とはよくいったものである。
俳句を通して多くの方々に本来、人間の持つ感受性の豊かさ、そして言葉の持つ本来の力を知って頂きたい。
そして何より人生を豊かに実りあるものにして頂きたい。
人生を豊かに実りあるものにするのは、お金でも地位でも名誉でもなく、まずは「幸せを、感じることの出来る心」を培うべきである。
それを俳句を通して実感して貰いたい。
つまり、意志でしかない。
大森健司

現在は企業のセミナーやコンサルティングも行なっております。
言葉の力というものは不可欠であり、非常に重要です。
いかにして短い言葉でインパクトを残すことが出来るか、ということです。尚、川柳や短歌にはない「季語」を勉強することによって言葉の引出しは確実に堅実に増えます。感受性も高めます。
また句会とともに進めてまいります。
詳しくはまたホームページをご覧のうえ、お問い合わせください。
「森」MORI
http://morihaikunokai.jp
スポンサーサイト
プロフィール

kenjiomori

Author:kenjiomori
俳句結社「森」主宰、大森健司のブログ★受賞多数。
お気軽に覗いて下さい。
お問い合わせは「森」ホームページ にて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR