FC2ブログ

大森健司 2018年8月俳句作品群


夏扇女に夢を貸してやり
ひぐるまや哀しき砂利の音がする
じゆんさいや酢を落としゐる夕ごころ
遠き日の日暮にゐたり白扇
ひまわりや切り絵のごとく夜を覇(は)る
遠泳や鳥は記憶をなくしたり

大森健司 「森」俳句会

2018年8月「森」中央支部より


スポンサーサイト

2018年7月句会報

句会報告一部を紹介します。

兼題 : 蝿、日傘、ソーダ水
白日傘息を殺してすれ違ふ
大森健司
第二幕日傘の人のあらはれぬ
菅城昌三
青梅雨や貌のない絵に囲まれて
西川輝美
湖暮れて赤から青へソーダ水
速水房男
ソーダ水はじけあの日の渚へと
河本かおり
文春に小蝿一匹滲(にじ)みたる
武田誠
改札や日傘をさして彼待ちぬ
松浦美菜子
気の抜けたソーダの瓶も暮れるかな
山本孝史
二年坂日傘失くして昼下がり
池上加奈子
腕を這ふ小蝿に五分の息づかひ
白川智子
ビールグラス心変わりの紅拭ひ
前川千枝
夏の雲ヨットの先に泡立ちぬ
臼田はるか
ソーダ水作り笑いを飲み干せり
中谷かける
放たれしひかりの彼方ソーダ水
三谷しのぶ
於母影を日傘の奥に透し見る
村田晃嗣
白日傘女の顔の母出でぬ
柴田春雷

第二幕日傘の人のあらはれぬ
菅城昌三
「森」中央支部特選。
これは「第二幕」で一旦、切れが入っている。
そして、「日傘の人のあらはれぬ」という場面転換を巧みに表現した作品。
「第二幕」という何気ない語をさらりと詠みあげた作者は流石としか言いようがない。
個人的には、私大森健司の好きな作品のひとつでもある溝口健二監督「祇園の姉妹」を思い浮かべた。
山田五十鈴とその姉が日傘をさして、八坂神社に訪れる。
山田五十鈴はワンピースで、姉役の梅村蓉子は着物姿で非常に艶かしい、好きな場面のひとつでもある。
作者の意図は別にあると思われるが、非常に個人的には好きな昌三作品に仕上がっている。

青梅雨や貌のない絵に囲まれて
西川輝美
「森」中央支部秀逸。
マグリットの絵画を彷彿とさせる作品。
青林檎で顔を隠された「人の子」など、一度は目にしたことのある絵画だと思うが、人は隠された向こう側を見たいという衝動がある。
今見えている世界も、実は見えていないのかもしれない。
人の心はわからない。
一見不安な空間に居る作者は本心を探られたくないのか、または自信をなくしているのか、様々な想像をかき立てる作品。
またその措辞に対しての「青梅雨」の季語が絶妙である。
この季語が例えば「長梅雨」では作品は全く魅力を失くしてしまう。
女性ならではの視点でもある。面白い作品。

湖暮れて赤から青へソーダ水
速水房男
「森」中央支部秀逸。
京都のカフェ文化は奥深い。
かつて有名カフェのオーナーであった作者であることを知っていれば尚、この作品の良さが光る。
ここでいう湖は近江を指すが、気持は京都にある、も言っても良い。
外資の参入により様変わりしてゆく一方で、レトロカフェ文化の需要は高く、有名どころで築地、ソワレ、惜しまれつつ閉店したミューズに至ってはいまだに多くのファンが存在する。
赤や青の人工的な色で着色されたソーダ水に心踊らせ、大正浪漫に想いを馳せるのもまた酔狂である。
作者の失いたくない青春性がキラキラと光る作品。

夏の雲ヨットの先に泡立ちぬ
臼田はるか
「森」祇園支部秀逸。
夏の雲が泡立つという素直な措辞に好感が持てる作品。
これがソーダ水になると、当たり前になり、凡句。
ただの描写となるところを、夏の雲を持ってくることで、一気に青春性が広がる。
俳句は背伸びせず、平明な言葉で、素直なこころで素直に気持ちを述べるのが心に残る、良い例である作品。

於母影を日傘の奥に透し見る
村田晃嗣
「森」中央支部特選。
ここでの「於面影」は当て字である。
森鴎外関係の「於母影」とは全く関連ないとの事。
この作品が「面影」であると魅力は半減する。
「於面影」は母親であっても初恋の人でもまた良い。
きっと凛とした女性であろうと、思われる。
似た後ろ姿を見つけて思わずかけより顔を覗きこむという男性特有の心理をうまく捉えている。
そして、やっぱり違うかとがっかりする瞬間の失望が目に浮かび、笑みがこぼれる。
初恋の人は美化されるし、また母親に女性の理想像を重ねるのが男のロマンなのかもしれない。
チャーミングであり、心にぽっかり空いた喪失感が入り混じった、余韻の残る作品、格調もある。

白日傘女の顔の母出でぬ
柴田春雷
「森」祇園支部特選。
女性は母親になる瞬間、女を捨てなければならないのか。
これは永遠に答えの出ない不毛な論題である。
母性と女の両立は男性にとっては理想でも、女性にとってはそうではないこともあるらしい。
否定するほどにかえって色気が匂う作品である。
女の顔した母親に否定的なスタンスをとる作者の寂しさがわずかに垣間見えるのも良い。

十七文字に詰め込みすぎると焦点がぼやけてくる。
それを如何に客観視して相手に知らせるか、否か。
詠み手に如何に想像させるか、写生をすることで気持ちを昇華させるのである。

「森」俳句会は近日、会員も増え、さらに充実した句会となっている。
近い将来「森」東京支部を開設する予定である。

俳句は言葉足らずでも、饒舌すぎてもいけない。
これは各企業のセミナーでも話していることであるが、99の流れる言葉より、「1の核心」を突いたひと言の方が、相手の心に残る。
話が上手ではない経営者の方々、不得手な経営者の方々もいらっしゃるが、ポイントはたったひとつでいい。
相手の心に突き刺さる言葉があればいいのである。
それは決して多く饒舌ではいけない。
あとはそのひとつの言葉を引き立てるある意味、陰や褻の言葉で良いのである。
多くを語る者は多くを失う。
それは詩歌のすべて。
又、俳句の世界でも同じである。


追記
現在は企業のセミナーやコンサルティングもいくつか行なっております。
言葉の力というものは不可欠であり、非常に重要です。
いかにして短い言葉でインパクトを残すことが出来るか、ということです。尚、川柳や短歌にはない「季語」を勉強することによって言葉の
引出しは確実に堅実に増えます。感受性も高めます。
また「森」句会とともに進めてまいります。

詳しくはまたホームページをご覧のうえ、お問い合わせください。
「森」MORI
http://morihaikunokai.jp
大森健司

京都の粋ー村田晃嗣氏と「多麻」お母さん


左より村田晃嗣氏 中央 松尾久枝氏 右 大森健司

我が母校の偉大な師、村田晃嗣先生が理事長を務められる 京都国際文化協会に本年度より入会させていただきました。
京都は今、国際都市を目指して、元京都副市長藤田様率いるレジリエントシティー構想を推進しております。
京都から世界へー
文化継承とは次の世代に引き継ぐことであり、
わたくしたちの世代が先人の教えを請いつつ、発信して行くことが、文化を守る者の使命と思う所存です。
京都市もまずは、国内の観光客を大切にするという原点回帰の時に来ている気がします。
他府県の方々が京都に寄せるイメージは一言で「はんなり」といった、柔らかいおもてなしの心です。
「はんなり」とは何か。
学ぶにはこの方を差し置いて他ににいらっしゃいません。
お茶屋「多麻」の松尾久枝お母さん です。
初めてお母さんにお逢いしたのは、数々のヒットドラマを世に送り出した日本脚本家連盟理事長・鎌田敏夫先生と映画『ピンポン』の大ブレイクを控えた中村獅童氏を囲んだ時です。
僕がまだ弱冠20歳で角川春樹事務所に入社する前のことです。
京都の古き良き文化を半世紀以上に渡り見つめて来られた祇園の重鎮、「多麻」のお母さんである松尾久枝様と村田晃嗣先生に改めて京都人の粋を学ばせていただき、貴重な時間を賜わったことに心より感謝します。







プロフィール

kenjiomori

Author:kenjiomori
俳句結社「森」主宰、大森健司のブログ★受賞多数。
お気軽に覗いて下さい。
お問い合わせは「森」ホームページ にて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR