FC2ブログ

2020年5月句会報

句会報告一部を紹介します。
(新型コロナウィルス拡散防止の為、通信添削)

兼題 : 晩春、 更衣、新緑、薫風
  祇園支部は 葵祭

穴だけが五月の色になつてゐし
大森健司
新緑の水にしたがふつきあかり
菅城昌三
蓮根の穴より見ゆる暮春かな
西川輝美
薫風やそしてだれもがいなくなる
速水房男
万物やそれぞれの眼に青葉あり
上田苑江
水鉄砲今日の奢りを撃ちおとす
武田誠
薫風に遅れて彼の来たりけり
松浦美菜子
かたつむり寝つかれぬまま朝が来る
山本孝史
風薫る近くて遠いひとの側
池上加奈子
雲ひとつ葵祭にひとつ消ゆ
白川智子
葵祭大路にのこす蹄跡
前川千枝
牛を曳く少女にとどく薄暑かな
臼田はるか
祭列や雲流れるに似て五月
中谷かける
緑陰におゆびの先ゆ燃えはじむ
三谷しのぶ
空洞(うつぼ)なる蝶々飛び立つ巨大岩
やまだふゆめ
夏の蝶父なるこゑを奪ひさる
柴田春雷

新緑の水にしたがふつきあかり
菅城昌三
「森」中央支部特選。
原句は、
木下闇水に従がふ月明かり
であったとのを私が以下に添削した。
新緑の水にしたがふつきあかり
漢字を多用した俳句の成功例も中にはあるが、爽やかさや透明感を肌で感じる五月を詠むには、原句だと余白が無い真っ黒な句になってしまう。
この場合、ひらがなに直すことが格調と余白を生むと私は考える。
また、季語「木下闇」を詠む場合、木下闇とは木が茂って木陰の暗いことであり、措辞は何か一つの動かないものに焦点を当てる方が句の成功を生むのではないかと思う。
季語を「新緑」に添削したことによって瑞々しさがそこに生まれ、風も感じられる、視覚、聴覚、嗅覚等の五感の溢れる作品と生まれ変わった。
俳句は十七文字の一行詩である。
文字数の制約の中、何を表現したいかを明確にし、緊張感を持って欲しいと願う。

さつき山木の下闇にともす火は鹿のたちどのしるべなりけり

薫風やそしてだれもがいなくなる
速水房男
「森」中央支部特選。
薫風とは、青葉の香りを吹きおくる初夏の風をいう。青嵐が、色彩も重んじた雅語であるのに対し、薫風は匂いを主とした傾向がある。
措辞の「そしてだれもがいなくなる」に季語「薫風」を持ってきたことで、色の無い光景が広がり、不気味さすら覚える。
それはまるで、ドイツの伝承にある「ハーメルンの笛吹き男」のようでもあり、ガランとした光景にさえ空想を膨らませる作者の力量を感じさせる。
新型コロナウィルスによって引き起こされた街のガランとした事象を詠んだ句と捉えるより、薫風が吹いた後の心象風景と評する方が、この作品の良さは活かされる。
いずれにせよ、この作品は初見より、舌で何度も転がした後の方がじわりじわりと魂に残る作品である。
薫風でこのような例句は見たことがない。
今月の中で私が最も感銘を受けた一句であり、当然ながら特選に値する。

万物やそれぞれの眼に青葉あり
上田苑江
「森」中央支部特選。
原句は、
それぞれの眼に青葉あり朝の道
これを私が添削して特選とした。
原句のままだと、句が幼い。
作者の持つ仏教的世界観を私なりに汲み取った上で、この句の持つ大らかさに、より広がりを持たせるためには、「万物」という言葉が動かない、と感じた。
作者の、良い年の重ね方をした賜物である貫禄と、自然に対する畏敬を「万物」という言葉によって最大限に引き出せたと感じている。
閉塞感から解放された喜びは、生かされていることの感謝へと昇華し、街を行く人々、そして青葉からの瑞々しいエネルギーを存分に浴びている作者自身が実に魅力的である。

かたつむり寝つかれぬまま朝が来る
山本孝史
「森」祇園支部秀逸。
誰しも「寝つかれぬ朝」を迎えた記憶はあるであろう。
ましてやこのコロナ禍において、皆不安を抱きながら明日を迎えている。
この句の良さは、季語の「かたつむり」にある。
かたつむりの過ごす生活圏は狭い。
一生に於いてこの出来事はわずかなことなのであり、作者は少なからず少しずつ動いているという実感がそこに存在するのである。
かたつむり一枚の葉に死にゆくも 大森健司

牛を曳く少女にとどく薄暑かな
臼田はるか
「森」祇園支部特選。
兼題である「葵祭」のワンシーンを映像的に鮮やかに切り取った作品。
この作品は「牛を曵く」で一旦切れている。
少女が牛を曵いている訳ではない。
夏の風物詩である祇園祭が庶民の祭りであるのに対して、兼題の「葵祭」は貴族の祭りである。
平安時代、祭りといえば葵祭を指し、毎年5月15日に執り行われるこの祭りは本来、五穀豊穣を願う国家的行事であった。
賀茂神社の神紋の双葉葵から、行列に携わる全てに葵の葉が飾られ、中でも牛車に施された装飾はひときわ美しく、王朝風俗の伝統を垣間見ることが出来る。
この作品は、中七の措辞「少女にとどく」が実に良い。
「少女に来たる薄暑かな」では作品が平凡になってしまう。
馬にまたがる勅使、駕籠に揺られる斎王代といった雅な行列から、いにしえの王朝文化に思いを馳せ、まるで牛が現世にタイムスリップして連れてきたように、少女の空想の世界が広がる。
初夏の爽やかな風と共に、作者の心に吹く、瑞々しく伸びやかな感性と少女性を感じられる作品。

緑陰におゆびの先ゆ燃えはじむ
三谷しのぶ
「森」中央支部特選。
緑陰とはある種不思議なエネルギーも秘めており、青葉の茂った影、木影を指す。
梅雨明け後の木々は十分な太陽の光線を受けて、まさに壮年期ともいえる緑の色となる。
「先ゆ」の「ゆ」は上代語で、体言の後につく場合は起点を表し、先からという意味になる。
上代語(じょうだいご)は俳句では馴染みが薄いが、作者が新緑に対して抱くエネルギーのようなものを表現するには、この上代語を用いた措辞が功を奏している。
作者は緑陰からエネルギーを得ているのか、またはおゆびからエネルギーを放出しているのか、いずれにせよ着眼点は面白く、両者の呼応から緑の息吹きまでもが感じられる。
さらに生命力を増す夏の予兆を思い起こさせ、美しくも危険を孕んだ五月の作品となっている。

空洞(うつぼ)なる蝶々飛び立つ巨大岩
やまだふゆめ
「森」鴨川支部特選。
自然界の根源的なエネルギーを感じさせる作者らしい作品。
蝶の生態は不思議なところが多い。
いわゆる芋虫から蛹になり、ほとんど動かない時期を経て、脱皮後見事に美しい成虫の蝶へと変化する。
一度死んだようになる芋虫が蝶になって飛び立つ姿を見た古代の人々は、死からの再生を願い、ただならぬ畏敬の念を抱いてきた。
この作品の持つスケールは、巨大岩に象徴されるように大きく、そこで起こる輪廻転生こそが宇宙の神秘である。
蝶が亡くなった人の生まれ変わりのようにも思える。
また「空洞(うつぼ)」という、一度壊死した穴から、再生のシンボルである蝶が飛び立つ光景には、滅んでも幾度も復活出来る生命力や希望が見受けられる。
いずれにせよ、作者は肉体を超えて、ある種のテレパシーに似た霊力で自然と対峙している。
ひょっとしたら、作者の見た蝶々は幻かもと思わせるこの作品に、私は作者の永遠の少女性を感じずにはいられない。

夏の蝶父なるこゑを奪ひさる
柴田春雷
「森」祇園支部特選。
私の場合、父は存在しないが、作者はそうではない。
そういった場合、この作品の鑑賞はどうなるのか。
この句の良さは、「夏の蝶」が「こゑ」を奪うことにある。
本来蝶に攻撃性はない。
むしろ、人は蝶によって癒されたり、心が穏やかになるものだ。
しかし、作者は違った捉え方をしている。
奪いさられた「父のこゑ」とゆらゆら舞っている「夏の蝶」。
これらは共に無音の世界である。
その無音の世界で作者が何を見たのか。
これは詠み手の力量によって、解釈は異なるように思われる。
それぞれ、その世界観を想像してみて頂きたい。

十七文字に詰め込みすぎると焦点がぼやけてくる。
それを如何に客観視して相手に知らせるか、否か。
詠み手に如何に想像させるか、写生をすることで気持ちを昇華させるのである。

「森」俳句会は近日、会員数も増え、さらに充実した句会となっている。

今年「森」東京支部を開設する予定である。

俳句は言葉足らずでも、饒舌すぎてもいけない。
これは各企業のセミナーでも話していることであるが、相手の心に突き刺さる言葉がひとつあればいいのである。
それは決して多く饒舌ではいけない。
あとはそのひとつの言葉を引き立てるある意味、陰や褻(ケ)の言葉で良いのである。
それは詩歌のすべて。
又、俳句の世界でも同じである。

追記
現在は企業のセミナーやコンサルティングもいくつか行なっております。
言葉の力というものは不可欠であり、非常に重要です
いかにして短い言葉でインパクトを残すことが出来るか、ということです。尚、川柳や短歌にはない「季語」を勉強することによって言葉の
引出しは確実に堅実に増えます。感受性も高めます。
また「森」句会とともに進めてまいります。

詳しくはまたホームページをご覧のうえ、お問い合わせください。
「森俳句会」ホームページ
http://morihaikunokai.jp
尚、ご質問につきましては、
「森俳句会」
morihaikunokai@gmail.com
までお気軽にご連絡ください。
大森健司
スポンサーサイト



プロフィール

kenjiomori

Author:kenjiomori
俳句結社「森」主宰、大森健司のブログ★受賞多数。
お気軽に覗いて下さい。
お問い合わせは「森」ホームページ にて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR