FC2ブログ

2020年9月句会報

句会報告一部を紹介します。

兼題 : 初嵐、稲妻(稲光)、芙蓉

角帯の着崩るるままにすいふよう
大森健司
とろろ飯片手に足りる友のかず
菅城昌三
はつあらし明朝体の揺れにけり
西川輝美
死に急ぐ我は追はぬや秋夕焼
速水房男
稲妻や近江平野を肥らしむ
上田苑江
秋風の耳から耳へ抜けてゆく
武田誠
白芙蓉他所行きの服買ひにけり
松浦美菜子
坂道や夕日ころがる白芙蓉
山本孝史
クロワッサン少しちぎりて鰯雲
池上加奈子
葡萄酒の沁みひろがりて酔芙蓉
白川智子
ワンピースに似合わなくなり花芙蓉
前川千枝
少女といふ刻短くて初嵐
臼田はるか
初嵐心は此処にないと知る
中谷かける
百日紅格子窓越し手招きす
村田晃嗣
十五夜や化石の男抱きにける
三谷しのぶ
いなびかり子が子を胎むつぎつぎと
やまだふゆめ
帯揚げに胸ふくらみて月あかり
柴田春雷

とろろ飯片手に足りる友のかず
「森」中央支部秀逸。
菅城昌三
二句一章作品としての見事な成功例。
この作品は「片手で足りる友のかず」に対して、「とろろ飯」で一旦切れが入っている。
とろろ飯とは、古来より滋養強壮に良いとされ、非常に粘り気のあるとろろをご飯にかけて食べる。
措辞である「片手に足りる友のかず」を陰だとすると、この「とろろ飯」の季語は陽であり、対比が絶妙となる。
男は友人の数は少なく深い方が良いと言うが、作者をよく知っている私からするとそうでも無さそうである。
本来の作者なら「秋風や片手に足りる友のかず」「星飛ぶや片手に足りる友のかず」と創りがちだが、そうしてしまうと駄句となる。
いずれにせよ、「とろろ飯」の季語の転換、付け方は非常に鋭利であり、句に格調と重みを膨らませている。

死に急ぐ我は追はぬや秋夕焼
速水房男
「森」中央支部秀逸。
作者は近年大切な友人を何人も亡くされている。
皆先立つには早すぎる歳である。
健康面への不安や焦燥感を跳ね除けるかのように、作者のライフスタイルは実にアクティブで、好奇心に満ち溢れており、それが句に良く表れている。
夏のまだ熱を帯びた夕焼けとは違い、「秋夕焼」は陽も薄く、どこか寂しげなものである。
うっかりすると引きずり込まれそうな闇に飲まれまいと、作者は振り切っている。
中七の「我は追はぬや」が、俳句は言い切りの文芸と言わしめる措辞であり、季語「秋夕焼」との陰陽のバランスも絶妙。
少しのノスタルジーと、後ろを振り返らない男の決意とが絶妙に溶け込んだ作品である。

稲妻や近江平野を肥らしむ
「森」中央支部特選。
上田苑江
季語「稲妻」は稲の夫(つま)の意。
稲の結実の時期に多いところから、これによって稲が実るとされた。
水源豊かな近江の国は、実は奈良時代日本一の石高を誇る米どころであり、戦国時代、日本最大の領地を抱えていた織田信長はこの地に安土城を構えていた。
近年滋賀県は米、そして日本酒の産地として輝きを取り戻しつつあり、琵琶湖支流に広がる稲田の美しさは見事である。
また措辞の「平野を肥らしむ」がどっしりと作品に重みをもたらせていて、句に風格がある。
いつもながら平明な言葉だけで、ある種達観した観察眼は見事である。

少女といふ刻短くて初嵐
「森」祇園支部特選。
臼田はるか
夏に少女は大人になるという。
少年少女期、男子に比べると女子は少しませているもので、夏休みを終えると雰囲気が大人びた女子を見てドキッとした覚えがある。
しかし作者は、大人の女性になることへの喪失感のような、寂しさを感じたのだろう。
季語の「初嵐」とは、立秋後、最初に吹くかなり強い風のことをいう。この風が吹くと、急に秋らしくなる。
はしゃぐことに恥ずかしさを感じ、急に無口になったり、すました感じである少女特有のおしとやかさの刻(時)は確かに短い。
そして、季語の「初嵐」が効いている。

十五夜や化石の男抱きにける
「森」中央支部特選。
三谷しのぶ
戯曲『サロメ』を描いたピアズリーの絵画を彷彿させる作品。
愛しい男の、切り落とされた首を掴んで掲げるシーンであるが、描かれる狂気の愛の世界にどこか通じるものがある。
秋の捉え方は人様々であり、作者にとっては艶めく秋なのであろう。
男が弱気になり枯れてゆく秋に対して、円熟味を増す女性の有り余るエネルギーが、句にパワーをもたらせている。
「化石の男抱きにける」という措辞のエロスが実に作者らしい。
原句から季語を「十五夜や」に添削したのだが、この作品には冷えた空で強烈に光りを放つ「十五夜」が相応しいだろう。

いなびかり子が子を胎むつぎつぎと
「森」鴨川支部特選。
やまだふゆめ
作者は、兼題である季語「いなびかり」の持つ意味や特性を瞬時に捉えている。
スピード感のある作品でもある。
稲光(いなびかり)が雲から空気を伝って目に届く速度は0.1秒と言われている。
一方、世界中で1秒間に子供が生まれる人数はおよそ2.4人であるらしい。
稲光を目にする時には既にまた次の稲光が発生し、その間誰かの子供だった親がまた子を産む。
そのどちらもが音を立てずに繰り返される。
見えているものは一部分に過ぎなく、見えない世界で起こる様々な現象に宇宙の神秘を感じさせる。
作者の持つ大きな宇宙観、世界観の作品に仕上がっている。見事である。

帯揚げに胸ふくらみて月あかり
「森」祇園支部秀逸。
柴田春雷
「帯揚げ」とは、着物の上に帯を締める際、紐を隠す為の長方形の布である。
帯の脇から前姿を飾り、着物と帯との色の調和を図るポイントと言える。
本来着物の着付けは、凹凸がなく真っ直ぐに着るのが美しいとされているようだが、補正してもふくよかな胸が目を引く光景は貫禄があり、これはこれでまた美しい。
「月あかり」がそのフォルム、内面の人間像をくっきりと照らすことによって、女性の逞しさ、エネルギー、生命力溢れる作品に仕上がっている。
縁の下の女の力で京都の町衆文化は支えられている。

十七文字に詰め込みすぎると焦点がぼやけてくる。
それを如何に客観視して相手に知らせるか、否か。
詠み手に如何に想像させるか、写生をすることで気持ちを昇華させるのである。

「森」俳句会は近日、会員数も増え、さらに充実した句会となっている。

来年「森」東京支部を開設する予定である。

俳句は言葉足らずでも、饒舌すぎてもいけない。
これは各企業のセミナーでも話していることであるが、相手の心に突き刺さる言葉がひとつあればいいのである。
それは決して多く饒舌ではいけない。
あとはそのひとつの言葉を引き立てるある意味、陰や褻(ケ)の言葉で良いのである。
それは詩歌のすべて。
又、俳句の世界でも同じである。

追記
現在は企業のセミナーやコンサルティングもいくつか行なっております。
言葉の力というものは不可欠であり、非常に重要です。
いかにして短い言葉でインパクトを残すことが出来るか、ということです。尚、川柳や短歌にはない「季語」を勉強することによって言葉の
引出しは確実に堅実に増えます。感受性も高めます。
また「森」句会とともに進めてまいります。

詳しくはまたホームページをご覧のうえ、お問い合わせください。
「森俳句会」ホームページ
http://morihaikunokai.jp
尚、ご質問につきましては、
「森俳句会」
morihaikunokai@gmail.com
までお気軽にご連絡ください。
大森健司

続きを読む

スポンサーサイト



プロフィール

kenjiomori

Author:kenjiomori
俳句結社「森」主宰、大森健司のブログ★受賞多数。
お気軽に覗いて下さい。
お問い合わせは「森」ホームページ にて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR