ちょっとしたアニメのはなし

今、TSUTAYAレンタルで宮崎駿作品を借りようとすると、、、
ない?!!
と思ったらジブリ総選挙なるものをしている模様。
1位は「千と千尋の神隠し」であるようだ。
異論はないが、個人的には「耳をすませば」「ハウルの動く城」「風立ちぬ」の方が好きである。「千と千尋の神隠し」はキャラクターにそれぞれメタファーがあって、現代社会を上手く反映させている。つまりそこに意図が見えてしまうつまらなさがある。
ポスト宮崎駿と言われる新海誠。
なんでもポスト何々と付けてしまうのは日本人とメディアの悪い癖。宮崎駿氏にも新海誠氏にも失礼にあたる。
10年程前、東京在住時に「秒速5センチメートル」を教えてもらい感銘した。どうも新海誠は文学部卒業で和歌や俳句に関心があるらしく、万葉集や新古今和歌集等に造詣が深いようである。タイトルや台詞、世界観にもそれは顕著に表れている。以降「言の葉の庭」、そして今回の大ヒット作品となった「君の名は。」に至る。どれも素晴らしいの一言につきる。
日本のアニメーションは世界に誇れるものである。
これをまた何でも実写化するのは本当に幻滅するのでやめて頂きたい。
漫画やアニメーションは虚構と現実を彷徨うという良さがあって、生身の人間が演技しようと、それは不可能に近い。また素晴らしい作品を描く人の背景には莫大な読書量や知識、抽斗があり、それを何も知らない俳優や監督、プロデューサーが同じ様に振る舞おうとする行為は烏滸がましく冒涜である。「四月は君の嘘」、そしてこれから上映される「ジョジョの奇妙な冒険ーダイヤモンドは砕けない」。本当に実写化は観る気がしない。
アニメーションには実写以上に美しい世界観と宇宙観が存在する。
漫画とアニメーションを愛する者のひとりとして、本当に実写化は幻滅する。ドラマで近年の中で面白かったのは坂元裕二脚本「最高の離婚」。面白く、切なく、深い。ドラマはオリジナルの脚本が断然に良い。DVDを友人に貸したが、まだ返ってこない、笑。

スポンサーサイト
プロフィール

kenjiomori

Author:kenjiomori
俳句結社「森」主宰、大森健司のブログ★受賞多数。
お気軽に覗いて下さい。
お問い合わせは「森」ホームページ にて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR