FC2ブログ

2017年3月句会報

句会報の一部を紹介します。

席題(春、恋猫)
骨透くるまで春光に泳ぎけり
大森健司
啓蟄や均(なら)せぬこころ置き去りに
菅城昌三
膝小僧くすくす笑ひ入学す
西川輝美
花街の恋猫とほる我とほる
速水房男
春の月痴呆の母の尻白し
河本かおり
遅き湯にかすかに聴こゆ春のこゑ
武田誠
手のひらと手のひら合わせ春日中
松浦美菜子
絵筆とり我が魂の春しぐれなり
山本孝史
春愁や線路に草の揺れてをり
池上加奈子
春光のまた膝に来て顔に来て
白川智子
雨だれをとどめ紅梅三分かな
前川千枝
幼な子のよちよち歩く遅日かな
臼田はるか
たつぷりのミルク飲み干し春立ちぬ
中谷翔
春浅し白き夢から醒めぬ夢
柴田春雷

啓蟄や均せぬこころ置き去りに
菅城昌三
「森」中央支部での特選。
均(なら)せぬこころとは、一体どうゆうものか?
それ人それぞれによって当然異なる。
穏やかなものではないであろう。
現代、とくに近年においてこころを穏やかにするというシンプル且つ暮らしの根源となる行為は安易なことではない。
それを季語の啓蟄(けいちつ)によって見事に調和させている。転換とまではいかない。
調和である。
啓蟄(けいちつ)とは二四節気において雨水の後にあたり、陰暦二月の節である。
『滑稽雑談(こっけいぞうだん)』には、「月令(がつりょう)に曰(いわく)、仲春の月、啓蟄咸動(ちっちゅうみなうご)き、戸を啓(ひら)めきて始めて出(い)づと」出ている。
つまり、冬眠していた虫が穴から出てくること、をも指す。
その虫出しが均せぬこころ、そのものなのか。啓蟄によってそのこころを置き去りにすることによって出来たのか、作者の意図は分からない。
それは詠み手の解釈それぞれで良い。
詠み手の解釈の幅の広い作品ほど、良い作品であるとも言える。
それはつまり作品の【余白】に答えがある。

花街の恋猫とほる我とほる
速水房男
「森」中央支部での特選。
花街とは、かがいとも読み、芸妓家・遊女家が集まっている区域を指す。
そこに発情した恋猫が堂々と通り、作者自身もとおり抜けているという感覚が非常に滑稽で面白い。
滑稽とは、可笑(おか)しさであり、当然、哀しみもそこに伴うのである。
詩歌の原点は寂寥感(せきりょうかん)にある。
また俳句の原点となる、
①映像の復元
②リズムの良さ
③自己の投影
もしっかりとなされており、見事な作品に仕上がっている。
感心した一句。

春の月痴呆の母の尻白し
河本かおり
「森」中央支部での特選。
この作品はあっけらかんと謳われているが、少しばかりの危険性を孕んだ作品でもある。
痴呆の母親の看病中の様であろうか、
もしくはその痴呆の母親が尻を出して徘徊している様であろうか?
それはどちらでもよく「尻白し」と「春の月」が妙にマッチングしている。これは「春の月」以外では成立しないであろう、季語の恩寵(おんちょう)が見事に成功している作品。
春の朧に照らされた母の尻は、滑稽でもあり、哀しくもあり、又、飄々としている。
見事な作品。
なんだなんだと大きな月が昇りくる 時実新子

春浅し白き夢から醒めぬ夢
柴田春雷
「森」洛中支部での特選。
これは女性の衝動性とシュールリアリズムを合わせもった作品。
この夢が悪夢なのか吉夢なのかはどちらでも良い。
又どこでもが現実でどこまでが夢なのかも定かではない。
そこは詠み手に委ねるとする。
この、白き夢から、醒めぬ夢という転換も良い。
季語の「春浅し」も効いている。
男性なら夏の季語をもってくるかも知れないが、この季語に女性の生々しさが存在する。

俳句は言葉足らずでも、饒舌すぎてもいけない。
これは各企業のセミナーでも話していることであるが、99の流れる言葉より、1の核心を突いたひと言の方が、相手の心に残る。
話が上手ではない経営者の方々、不得手な経営者の方々もいらっしゃるが、ポイントはたったひとつでいい。
相手の心に突き刺さる言葉があればいいのである。
それは決して多く饒舌ではいけない。
あとはそのひとつの言葉を引き立てるある意味、陰や褻の言葉で良いのである。
多くを語る者は多くを失う。
それは詩歌のすべて。
又、俳句の世界でも同じである。
大森健司

現在は企業のセミナーやコンサルティングも行なっております。
言葉の力というものは不可欠であり、非常に重要です。
いかにして短い言葉でインパクトを残すことが出来るか、ということです。尚、川柳や短歌にはない「季語」を勉強することによって言葉の引出しは確実に堅実に増えます。感受性も高めます。
また句会とともに進めてまいります。
詳しくはまたホームページをご覧のうえ、お問い合わせください。
「森」MORI
http://morihaikunokai.jp
スポンサーサイト
プロフィール

kenjiomori

Author:kenjiomori
俳句結社「森」主宰、大森健司のブログ★受賞多数。
お気軽に覗いて下さい。
お問い合わせは「森」ホームページ にて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR