FC2ブログ

2018年10月句会報

句会報告一部を紹介します。

兼題 : 野分、秋刀魚、虫全般

ー梶田紘子氏へー
天高しまだ柩こぬ空(くう)があり
大森健司
紫苑咲き新しき人目覚めをり
菅城昌三
月涼し午前零時の横顔に
西川輝美
葬送のあとからあとへ野分雲
速水房男
いちにちを余して秋刀魚焼きにけり
武田誠
帰り道月あかりでは頼りなし
松浦美菜子
去り際の蟋蟀やがて鳴きやむる
山本孝史
鈴虫や忘れるほどの友もなし
池上加奈子
夕野分ライン受信の音のして
白川智子
チンチロリンその唇を奪はれて
前川千枝
色鳥や陽の射す窓に聖書閉づ
臼田はるか
秋刀魚買ふ黄昏の町愛しをり
中谷かける
論破せし肩にも秋のとまりをり
三谷しのぶ
秋刀魚焼く丸い背中の尊さや
村田晃嗣
香水の香を持ち帰る夜の野分
柴田春雷

2018年9月9日未明、梶田紘子氏が逝去された。
癌を患い、一度は克服されたのが、再発、長きに渡る闘病生活を経て逝去された。
梶田紘子氏とのことはここでは書ききれない程の歴史がある。
私、大森健司の祖母の代より大森家に携わってくださり、私自身も紘子氏と出逢ってから35年以上になる。
我ら句会の節目節目にはかならず彼女の存在がある。
皆弟子にとっては母の様な存在であった。
長きに渡る闘病生活にも決して挫けず、亡くなる一週間前まで電話口で高らかに笑われて、明るい言葉を発していた姿には敬意を表したい。
紘子さん、安らかにお眠りくださいませ。

梶田紘子氏へ捧ぐ二句
天高しまだ柩こぬ空(くう)があり
夕星や秋刀魚の煙見上げをり

俳句結社「森」代表 大森健司

紫苑咲き新しき人目覚めをり
菅城昌三
「森」中央支部特選。
紘子氏は特に紫の花を愛でられ、昌三の紘子氏に対する愛を存分に感じられる作品。
キク科の紫苑はイメージ的にか、寂しい例句が多い中、プラスへの転換が見事である。
花言葉は「貴方を忘れない」。
紘子氏が亡くなってもまたきっと輪廻転生で出逢うであろうという想い、俳句の意思は引き継ぐという力強いメッセージともとれる。
紘子氏を母の様にあらゆる局面で相談し、慕っていた昌三の、悲しみを乗り越え前向きな姿を頼もしく感じる。
ははのかげ壁にちひさき夜の紫苑 大野林火

葬送のあとからあとへ野分雲
速水房男
「森」中央支部秀逸。
作者らしい挨拶句である。
故人が明るい人柄であったゆえ、感傷に浸らず、さらっと見送る感じが湿っぽくならなくて良い。
ダンディズムの精神がそこに垣間見える。
また「あとからあとへ」という措辞が良い。
じっくり噛みしめる程に魅力のある作品。

チンチロリンその唇を奪はれて
前川千枝
「森」祇園支部特選。
女性はともかく話すのが好きな生き物であり、そこがまた良さでもある。
ある男性が、「まずは30分話を聞くこと。すると女性は不思議とすっきりして穏やかになる」これが男女の上手く行く秘訣という面白い話をされていた。
チンチロリンとは松虫のことである。
童謡にもあるが、秋に鳴く虫の中でもとりわけその音色は美しい。
虫の奏でる声に耳を澄ませ、話を中断するさまを、「唇を奪はれて」と表現し、転換したことで色気のある作品に仕上がっている。

色鳥や陽の射す窓に聖書閉づ
臼田はるか
「森」祇園支部秀逸。
「鳥渡る」という季語を私が「色鳥や」に添削している。
色彩豊かな秋に相応しい作品。
陽の射す窓に来る「色鳥」を季語に持ってきたことで、女性らしい柔らかさや丸みを帯びた一句となった。
聖書を閉じる手にも秋の陽射しが注ぎ込んでいるだろうし、秋らしい空の高さも感じられる。
「聖書閉づ」という行為は、昔の思い出であっても良い。

秋刀魚焼く丸き背中の尊さや
村田晃嗣
「森」中央支部特選。
この句の中で目を引くワードは「丸き背中」であり、氏の目上の人を敬う姿勢が集約されている。
「尊さや」と言い切ったことで切れが生まれ、人間性の深みを感じさせる作品。
近頃ではぺーパーグリルでも簡単に美味しく魚を焼けるようになったが、やはり秋刀魚は熟練の技と感をもって焼かれたものをいただきたいし、食の秋の醍醐味を堪能出来るのではないかと思う。
殺生をするからには、生き物への感謝を、目上の者へは敬意を、儒教思想であるこの概念は俳句の世界に於いて大切なものであることを今一度噛み締めていただきたい。
作者の 言葉は平明に、思いは深く のスタンスは何ら変わっていない。

香水の香を持ち帰る夜の野分
柴田春雷
「森」祇園支部特選。
なんとも色気のある作品。
「野分」とは台風とは少しばかり異なる。
風だけがやはら強く吹きすさぶ姿を「野分」、雨を伴うのが現代の「台風」である。
それも踏まえてこの作品は、季語の「夜の野分」が絶妙である。
これが「野分かな」となると一気に駄作になる。
これが十七文字の俳句の世界の怖いところでもあり、魅力でもある。
「香水」は夏の季語であるが、ここでの季重なりは特に問題ない。
香水と言えば、
香水を夜に落とせし堕落論 菅城昌三
の昌三の代表作品が真っ先に思い浮かぶ。
「香を持ち帰る」と「夜の野分」の対比が素晴らしく、女性の少しばかりの秘密性、闇も感じられる作品に仕上がっている。

十七文字に詰め込みすぎると焦点がぼやけてくる。
それを如何に客観視して相手に知らせるか、否か。
詠み手に如何に想像させるか、写生をすることで気持ちを昇華させるのである。

「森」俳句会は近日、会員も増え、さらに充実した句会となっている。
近い将来「森」東京支部を開設する予定である。

俳句は言葉足らずでも、饒舌すぎてもいけない。
これは各企業のセミナーでも話していることであるが、99の流れる言葉より、「1の核心」を突いたひと言の方が、相手の心に残る。
話が上手ではない経営者の方々、不得手な経営者の方々もいらっしゃるが、ポイントはたったひとつでいい。
相手の心に突き刺さる言葉があればいいのである。
それは決して多く饒舌ではいけない。
あとはそのひとつの言葉を引き立てるある意味、陰や褻の言葉で良いのである。
多くを語る者は多くを失う。
それは詩歌のすべて。
又、俳句の世界でも同じである。


追記
現在は企業のセミナーやコンサルティングもいくつか行なっております。
言葉の力というものは不可欠であり、非常に重要です。
いかにして短い言葉でインパクトを残すことが出来るか、ということです。尚、川柳や短歌にはない「季語」を勉強することによって言葉の
引出しは確実に堅実に増えます。感受性も高めます。
また「森」句会とともに進めてまいります。

詳しくはまたホームページをご覧のうえ、お問い合わせください。
「森」MORI
http://morihaikunokai.jp
大森健司
スポンサーサイト
プロフィール

kenjiomori

Author:kenjiomori
俳句結社「森」主宰、大森健司のブログ★受賞多数。
お気軽に覗いて下さい。
お問い合わせは「森」ホームページ にて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR