寺山修司の虚の世界

これまでに影響を受けた作家のひとりに寺山修司がいる。
彼は俳句から短歌へ、短歌から映像へ、映像から演劇へと移っていった。
俳句の代表作を挙げるとすれば、

十 五 歳 抱 か れ て 花 粉 吹 き 散 ら す
目 つ む り て い て も 吾 を 統 ぶ 五 月 の 鷹
便 所 よ り 青 空 見 え て 啄 木 忌
  修司


これらは寺山修司の青春俳句といって良い。
また、

海を知らぬ少女の前に麦藁帽のわれは両手を広げていたり

売りにゆく柱時計がふいに鳴る横抱きにして枯野ゆくとき

マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや
  修司


短歌では俳句以上にその言葉の虚、つまりフィクションの言語空間を縦横に活かしている。
寺山修司は俳句、短歌、詩の中で何度も母を殺す。
それは母への愛憎の表現でもある。
また風土、青森三沢であるが、それに対する愛憎であるように思える。
寺山修司は俳句より短歌、短歌よりエッセイが秀でている。
それは散文になればなるほど、彼のもつフィクションの空間というものを発揮しやすい場所であったからであろう。
寺山修司の詩人としての魂は僕の俳句にも大きな影響を与えた。
言語に対しての感覚が非常に鋭い。
最後に寺山修司の中で好きな詩を挙げる。


昭和十年十二月十日に
ぼくは不完全な死体として生まれ
何十年かかつて
完全な死体となるのである。
そのときが来たら
ぼくは思いあたるだろう
青森市浦町橋本の
小さな陽あたりのいい家の庭で
外に向って育ちすぎた桜の木が
内部から成長をはじめるときが来たことを
子供の頃、ぼくは
汽車の口真似が上手かった
ぼくは
世界の涯てが
自分自身の夢のなかにしかなかったことを知っていたのだ
「懐かしのわが家」


大森健司


スポンサーサイト
プロフィール

kenjiomori

Author:kenjiomori
俳句結社「森」主宰、大森健司のブログ★受賞多数。
お気軽に覗いて下さい。
お問い合わせは「森」ホームページ にて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR